メガ・エッグ乗換支援

auスマートフォンまたはauケータイのご利用料金がおトク!最大2年間毎月2,200円割引! auスマートフォンまたはauケータイのご利用料金がおトク!最大2年間毎月2,200円割引!

他社回線からメガ・エッグ光ネット/メガ・エッグ光接続(au ひかり)へのお乗り換えで、他社サービスの「解約金」を最大3万円(税込)支援(キャッシュバック)いたします。
SoftBank Airの機器を買い取られていて残債の請求がある場合に限り、最大5万円(税込)までを支援いたします。

適用条件

●他社からお乗り換えで、次のサービスのいずれかを新規にお申込みいただき、開通していること。
・メガ・エッグ 光ベーシック[ホーム][メゾン][マンション]のいずれか(2年契約)
・メガ・エッグ 光接続(au ひかり)
※ 過去に上記サービスおよび、メガ・エッグのインターネットサービスへのお申し込みがあり、乗換支援を受けられたお客さまは適用対象外となります。また、支援額受取のご案内メール受信前にメガ・エッグを解約された場合も対象外となります。

●メガ・エッグ開通後、原則2ヵ月以内に乗換支援の申請(必要書類のご送付)をされること。

支援対象

●他事業者が提供する光インターネットサービス(NTT、ソフトバンク、ケーブルTV 他)の「解約金」
※「au ひかり」からのお乗り換えは対象外です。

●ADSLサービス、モバイルサービス(WiMAX、Wi-Fi 等)の「解約金」

  • 携帯電話サービス(スマートフォン含)は除きます。
  • 機器代金は対象となりません。
    (但し、WiMAX・Wi-Fiサービス解約に伴うモバイルルータの機器代金は対象とします。)

支援申請から受取までの流れ

①メガ・エッグ 光ベーシックのお申し込み

②メガ・エッグ 光ベーシックの工事・開通
③【お客さま】他社サービスの解約
※ メガ・エッグ光 ベーシックの工事・開通後、まずは、これまで利用されていた他社サービスの解約をしてください。
その後、必要書類を揃えて乗換支援手続き(申請)をしてください。

2ヵ月以内

④【お客さま】乗換支援手続き(申請)
必要書類の郵送をお願いします。

手続き完了の翌月中旬

⑤【メガ・エッグ】ご登録いただいた基本アドレス※1宛てに
支援額受取のご案内メールを送信

※ メガ・エッグからのメールに気付けるよう、事前にパソコンやスマートフォンのメール設定、または普段お使いのアドレスへの転送設定をおすすめします。メールが届きましたら支援額受取の手続きをお願いします。

30日以内

⑥【お客さま】メールの確認・支援額受取のための手続き(Web上)

⑦支援額受取

  • 1 基本メールアドレスとは、メガ・エッグサービスにお申し込みいただいた際、「MEGA EGG 登録内容確認書」でご案内した以下[ ] 内の形式でのメールアドレスです。 → [ ○○○○○○@○○○.megaegg.ne.jp ] また、ご自身で基本メールアドレスを変更された場合は、変更後のメールアドレスが該当します。
    メールの設定・転送設定方法は、MEGA EGG 会員サイトでご確認ください。(会員サイトの「設定・マニュアル」→「メールに関する手続き・設定マニュアル」へとお進みください。)なお、メールは設定不要のWebメール(会員サイトトップからログインできます)でもご確認いただけます。登録内容確認書に記載の「メールアドレス」と「POPパスワード」でログインしてください。
  • メガ・エッグ開通後、乗換支援申請の必要書類一式を当社が受領した月の翌月中旬に、メガ・エッグ基本メールアドレスへ受取のご案内メールをお送りします。その後、お客さまにて 口座情報等をweb登録手続きいただくとご指定の口座に順次お振込みいたします。ただし、ご返送いただいた内容に不備等があった場合には、この限りではありませんのでご了承ください。

注意事項

  • 支援額受取のご案内メール送信日より2週間以内にお受取り口座をご登録をいただけなかった場合、または、ご申請いただいたお受取り口座に不備があった場合は適用されません。
  • 支援額受取のご案内メールは、メガ・エッグ基本メールアドレス宛に megaegg-tokuten@enecom.co.jpより送金のご案内をします。お客さまのメール設定によって当社からお送りするご案内メールが受信できない場合、当社は責任を負えませんので予めご了承ください。
  • 支援額受取のご案内メールが、メールボックスの容量オーバーやフィルタリング設定などお客さまの責に起因して受信できなかった場合、支援額は適用されません。
  • 支援額受取のご案内メールの再送(○○○○○○@○○○.megaegg.ne.jp)アドレス宛は可能ですが、受取期限日の延長はできません。
  • 支援額の権利は、第三者に譲渡することはできません。